読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

How many times...

乃木坂46が好きです

伊藤万理華さんが好きです。

みなさんこんばんは~、毎日更新するという当初の目標はどこに行ったんだろうか。笑

 

更新が久しぶりになりました、が、乃木坂46が2月22日で5周年を迎えました。

 

ということで、さいたまスーパーアリーナで行われた乃木坂46の5th year birthday live 二日目(2/21)と千秋楽(2/22)に行ってきました。ここではまず二日目について、遅くなりましたが感想を書いていこうと思います。暇な時にでもゆっくり読んでくれたらうれしいです。

 

二日目、"あの日僕は咄嗟に嘘をついた"から始まりました。アンダー曲からの始まりは初だったようです。overtureの盛り上がりからの"咄嗟"は最高でした。とても良い始まり方だなと思います。

 

そして、"裸足でSummer"。夏、神宮で行われた4th year birthday live を思い出しました。楽しかった夏、駆け抜けた夏、いろんな思い出がよみがえってきます。曲を聴くとその時の感情や思い出がよみがえってきますよね。ぼくにとって"はださま"はそんな曲です。

 

"制服のマネキン"。乃木坂といえばこの曲を思い浮かべる方も多いんじゃないでしょうか。ライブではとても盛り上がります。今回のライブではなんといっても"制服のマネキン"の演出がとてもすごかった。映像化されたらぜひとも見てもらいたいところです。

 

3期生が登場しました。深川麻衣さんのソロ曲"強がる蕾"を歌いました。深川さんが新しい道へ、思い出に負けないように歌った曲ですが、これは、3期生がこれから乃木坂で頑張っていくぞという気持ちを表した曲、という意味でもとらえられると思います。これについてはいろいろな意見があると思いますがこれは個人的な意見なのでここら辺にしておきます。

 

MCで3期生の自己紹介のコーナーがありました。キャプテンの桜井さんが司会を務め、一人ずつ自己紹介をしていきました。桜井さんの3期生を包み込むお母さん感がたまらなかった。笑

 

3期生のパフォーマンスが終わり、ここで突然、同時に行われていた「こじまつり前夜祭」と中継を結ぶことに。画面にこじはるが映し出され、中継が結ばれました。ここで中継を結びながら乃木坂とAKBの"混ざりあうもの"が披露されました。中継で息のあった歌が披露されとても特別な空間にいられたことがうれしかったです。生駒ちゃんのエアーでこじはるのおっぱいをもむのも面白かったな(笑)

 

なにより、今回のライブで僕が一番うれしかったのは"僕がいる場所"を聴けたことです。ぼくにとって"僕がいる場所"は受験のときに毎日聴いていて、東京の方の受験会場に行くときもずっと聴いていました。心の支えになった曲なので、今聴いても当時をよく思い出します。"僕がいる場所"はバースデイライブくらいしか聴くことができないので、今回聴くことができてとても感動しました。

 

さらにぼくが印象に残ったのは、"環状六号線"と"行くあてのない僕たち"です。どちらも万理華さんを含むユニット曲です。どちらもパフォーマンスや演出がすごかった、、、二日目は万理華推しにとって最高のライブになったんじゃないかと思います。

 

とにかく二日目最高でした。千秋楽についてはまた書きます。

 

そうみん